駅近物件のメリットとデメリット

駅近物件のメリットとは

大学進学や仕事の都合で一人暮らしをするという方は少なくありません。賃貸物件の家賃、間取り、周辺環境などいろいろな条件面を考慮しながら部屋を決めるものですが、駅から近い物件が良いと希望する方は非常に多いです。駅近物件の最大のメリットは、毎日の通学や通勤が楽である点です。駅から遠い場所に物件があると、その分、目的地に着くのに時間がかかってしまいます。その点、駅近物件ならば歩いてすぐなので、その分、朝に余裕をもって準備ができますよ。その他にも、駅周辺はコンビニやスーパー、商店街などがそろっていることが多く、気軽に買い物ができるのも魅力です。つまり、通勤や通学の帰りに買い物に立ち寄れるので、大変便利ですよ。

駅近物件のデメリット

駅近物件のデメリットというと、電車の走行音が部屋まで届いて静かに生活できない点が挙げられます。とりわけ終電が深夜の12時までと遅い場合、電車の音が部屋に響いてなかなか眠れない可能性もあります。仕事で疲れているならば、ストレスが溜まりやすくなりますよ。また、駅から近い物件の場合、周囲に飲食店などが多く、多くの人で賑わっているケースが少なくはありません。よって、電車の走行音だけではなく、人の話し声などで煩わされるリスクもあるのです。音に敏感な方は、物件を内見する際に部屋が防音設計になっているかどうか確認するといいでしょう。防音設計になっているならば、外の騒音も気にせずに静かに過ごすことができますよ。